鹿嶋市議会議員 さとう信成

鹿嶋市議会議員さとう信成の活動報告です。

【ドラマ】民衆の敵

民衆の敵〜鹿嶋市議会との比較その2


おはようございますもみじ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

昨日の続きです。ドラマの内容と鹿嶋市議会との違いを比較して解説いたします。




議員報酬


ドラマの中では、950万円と設定されています。
政令都市の市議会議員であれば、そのくらいになると思います。加えて、政務活動費が毎月30万円〜50万円支給されていると思います。

鹿嶋市議会議員は約510万円(期末手当込)で、政務活動費はありません。私の場合は、月に26万円ほど口座に支給され、そこから国民健康保険、市民税などを納めていくと、サラリーマンの皆さまのいうところの手取りで約20万円くらいになります。
その中から、折込チラシを入れたり、研修費用、資料代(新聞3紙・行政専門誌)などを購入していますので、兼業で仕事をしないと生活できません。

繰上当選


作中では、健康上の理由から当選を辞退したとありましたが、現実世界では、意識不明や重度の麻痺がある場合、などを除き、当選を辞退するケースはあまりないと思います。

議員は議会への出席義務がありますが、極論を言えば、議会にも委員会にも、一度も出席しなくても、報酬は出ますし、辞めさせられることもありません。悪質な場合には、議会の除名決議で辞めさせられますが、議員の身分というのは、かなり強く守られています。


最後に、本会議場でのシーン。
篠原さんが、後ろの席の居眠り議員を、紙を丸めた棒で、頭を叩くシーンがありました。
弁明すると、僕も全く寝たことがないか?と聞かれれば、ウトウトしたことはあります。

委員会審議や、市長説明では無いのですが、一般質問で、答弁内容もわかっているようなときに、集中力が途切れ、うとうとしてしまったことがあります。
これを機に気をつけます。

ちなみに佐藤の席は、一般質問のネット中継に映り込む席なので、皆さんもチェックできてしまいます(汗)

30日(月曜)の続きも楽しみです。

民衆の敵〜鹿嶋市議会との比較その1

おはようございますもみじ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

先日記事にした、テレビドラマ「民衆の敵」〜世の中おかしくないですか〜がスタートしています。

月曜夜9時からフジテレビ系列です。
いわゆる月9枠です。

ぼくの方で鹿嶋市の実態と比較しながら、解説して行きたいと思います。

供託金


供託金とは、立候補に当たって、法務局に預けるお金のことで、鹿嶋市議会議員選挙では、30万円を法務局に供託します。

市議会議員に立候補すると、一定の範囲において、選挙費用が税金から支出されます。

鹿嶋市においては、「選挙用ポスター」が公費の対象となります。正確な金額は忘れてしまいましたが、11万円くらいだったのではないかと思います。
ポスター1枚あたり6百数十円✖️百数十枚分で計算したと思います。
1枚600円以上というのは、防水加工・裏面シール貼りに、しているからです。
ドラマの中で、篠原さんがポスターを張り替えるシーンがありましたが、彼女はコンビニのカラーコピーでポスターを作っていましたからね。

他には、選挙公報といいまして、立候補者全員の主張などを掲載する広告スペースが与えられます。一人当たり、B6くらいのサイズのスペースに公約等を掲載する権利が与えられ、新聞折込や、市役所にて配布されます。

また鹿嶋市では、選挙カーに対する公費の支出はされていません。市町村によっては、選挙カー代とガソリン代が支給されます。

立候補すると、公費(税金)が支出されますので、面白半分で立候補されても、税金が使われてしまいます。そういったときに、一定数以上の得票を取れない方には、この公費請求ができないこととされています。

そういったときの担保などのために、また、面白半分での立候補でないことを担保するために、供託金制度があります。

落選しても、一定数以上の票を獲得すれば、公費も請求できますし、供託金も全額戻されます。


失業したら保育園を辞める?


ドラマの中では、失業したら保育園をやめなければならない設定になっています。

しかし、鹿嶋市においては、3ヶ月間の猶予期間が設けられています。つまり失業したのち、3ヶ月の間に次の職場を見つけたら、退園する必要はありません。

選挙期間


ドラマの中では、立候補届けを出しに行ったところ、対応した職員が「みなさん選挙活動始めてますよ」というシーンがありました。

立候補届けを出せるのは、告示の日のみと決められています。選挙期間中、いつでも立候補できるわけではありません。市議会議員選挙は日曜日に告示されるのですが、ドラマではそのあたりが、曖昧になっていましたね。

元総理大臣の応援


これも実際には、ほぼ行われることはありません。
例えば、例えば、鹿嶋市選挙区の国会議員は、額賀さんですが、ひとりの自民党候補者の応援に入れば、他の自民党の市議会議員から不平不満が出るので、全員の応援に行かないといけません。また鹿嶋市で応援に入れば、他の市町村でも同じように応援しなければなりません。なので、現実的には行われることは無いと思います。


現職市長の応援


これも、実際の市町村では行われることはありません。ただ、大阪市の維新の会であったり、名古屋の減税日本などは、特定の大きな政策を実現するために(大阪は都構想、名古屋は減税)、市長が議会多数派を形成するために応援というか、地域政党を率いて選挙戦を戦うことはあります。

もちろん、市長派・反市長派という枠組みはあり、実際にはテコ入れしてるということは、普通にあるかもしれません。


民衆の敵 〜世の中、おかしくないですか?〜

おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

民衆の敵


“民衆の敵”とは、10月23日スタートのフジテレビ系列でスタートするドラマのタイトルです。サブタイトルは“世の中、おかしくないですか”とのこと。
いわゆる月9枠です。

ストーリーは、普通の主婦が市議会議員に立候補するというもの。

そうか、僕たち市議会議員は、民衆の敵だったんだ(笑)

このドラマ、僕のお世話になっている方も関わっているとのことなので、非常に楽しみにしています。

市議会議員が頑張ってる姿も映し出されるだろうし、逆に理不尽なことも出てくるでしょう。

市議会議員の普段の活動などが、広く世間に認知されることになるので、地方議会に目を向けていだだけるキッカケになると思います。

市議会議員役には、まぁいろいろなタイプの人が出てくるのでしょう。
皆さんから見たら、僕がどの役者に当てはまるのか、聞いて見たいですね(笑)

僕は、ニヤニヤしながら、議員の顔を思い浮かべながら、楽しもうと思っています。

下記はフジテレビの公式サイトです。
ストーリー | 民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜 - フジテレビ

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ