こんにちは晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

一般質問からのご報告です。

食物アレルギーの児童生徒さんへの新たな配慮


image


鹿嶋市では9月から、食物アレルギーで給食を食べられない日が、5日以上になった児童生徒さんたちの、給食費を減免することになりました。

佐藤の6月度の一般質問の答弁の中で方針が発表され、9月議会の一般質問答弁の中で具体的な内容が示されました。

給食が食べられなかった日数が確定したのちに、その分を日割りで差し引いた金額を、翌月、納付書にて支払う形となります。

通常は、定額ですので、口座引き落とし等で支払うことができますが、毎月、金額が変動する可能性があることから、翌月の後払い方式となります。

この他にも、先行して、牛乳アレルギーの方に対しては、牛乳代分は差し引かれる措置は、すでにされています。

今回の給食費の減免は、県内の市町村でも取り組んでいる所は、あまり聞いたことがないために、鹿嶋市としては、先進的な取り組みとして、私は評価しています。

減免される金額自体は、それほど大きなものではありませんが、こういった配慮の姿勢は、保護者の方にもきっと伝わると思います。


アレルギー対応食への対応



6月議会で、大野中学校の給食設備の改修の話がありましたので、その予定等について、9月議会で再度、取り上げました。

教育長の回答としては、教育委員会として実施していきたい考えだが、財源の問題があり、時期については明言できないという回答でした。

鹿嶋市では、学校の大規模改修や、各教室へのクーラーの設置など、多額の投資案件が予定されていますので、この回答については、ある程度、仕方ないかと思います。

現在、鹿嶋市内では、約100名ほどの子供達が、食物アレルギーを抱え、大変な食生活を送っています。こういった子供達にも目を向けていただけるよう、定期的に取り上げていきたいと思います。

〜お知らせ〜
今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました!
聞きたい、知りたいテーマがあればコメント欄にてお知らせください。
掲載拒否の場合は、その旨ご記入いただければ掲載いたしません(^^)