鹿嶋市議会議員 さとう信成

鹿嶋市議会議員さとう信成の活動報告です。

2017年09月

衆議院が解散?



おはようございますくもり
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

今日は、午後からは(仮称)オリンピック特別委員会の準備委員会が開かれたのちに、議会運営委員会が開催されます。

オリンピック準備員会では、委員会設置時の目的等の文言の確認が行われます。

衆議院が解散?



さて、なんだか急に衆議院の解散の報道がされ始めました。

ちょっと唐突感を感じます。

今の日本の喫緊の問題は「北朝鮮によるミサイル発射への対応」ではないでしょうか。

衆議院と政府は別だと言いましても、選挙時の有事への対応を見るために、敢えて挑発行為に出てくるかもしれません。

鹿嶋市の行事と重ならないか心配


いずれにしても、解散は内閣総理大臣の専権事項ですので、そういった点も踏まえて、有権者が判断するのだと思います。
告示・投票日も決まっているわけではありませんが、鹿嶋市では10月21日〜22日は「第27回鹿嶋まつり」が開催されます。

市役所職員や、参加する市民への影響も多いのではないでしょうか。

私たち議会関係者も視察日程を組んでいますので、今後の行方が気になるところです。

近隣市では市長選挙も


また、神栖市や鉾田市では市長選挙も行われますので、鹿行地区全体があわただしくなりそうです。
鉾田市では4人目の立候補表明がされました。
私もお世話になっている方が立候補しているので、お手伝いしようと思っています。

9月議会の、一般質問の動画がアップロードされました。長いですので、作業しながらBGM感覚で聞き流していただければ嬉しく思います^^

H29.9.7 佐藤信成議員

子宝手当に改善の意見を付しました

おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

先日の柴崎選手のゴールは素晴らしかったですね!
なんどもyoutubeで見ていました^^

柴崎岳スーパーゴール!! バルセロナ戦 16/09/2017


今日は予算決算常任委員会の分科会の予定でしたが、私の所属する文教厚生委員会は審議が金曜日のうちに終了してしまいましたので、休会となります。

子宝手当

子宝手当とは、第3子に対して毎月あたり2万円支払われる鹿嶋市独自の制度です。

第3子であっても受給するには、いろいろな条件がありますので、詳細は鹿嶋市ホームページをご確認ください。

鹿嶋市子宝手当について/鹿嶋市

決算審査では分科会として事業評価をしていきます。
私の意見は「改善」でしたが、分科会としての結論は「継続」になりました。

改善点について



私が改善するべきだと主張している点は以下の点についてです。

・現金給付だと所得収入になってしまい税金の対象になる。
・扶養の範囲で働いている方の収入制限に引っかかってしまう
→だから、現物給付の方が適切ではないか
という点です。

現物給付のほうが良い点もあるのでは



例えば、鹿嶋市では小学校入学時にランドセルをプレゼントしています。一括大量購入しているため、ランドセルの原価は1万1千円ほどに抑えられ、保護者の方々から喜ばれています。
普通に買うと、3万〜6万はするものですから。

現金を1万1千円給付しても、ランドセルを買うことができません。行政のマスメリットを活かした効率的な施策だと思います。

一方、子宝手当は月あたり2万円を、年3回に分けて支給しますので、8万円づつ3回支給されます。

佐藤が改善案として出しているのは、ランドセルの例のように、現金ではなく、マスメリットを活かして安く大量購入した必需品を、現物給付すると言うものです。

そうすれば、同じお金でより良いものを購入することもできますし、逆に8万円分の現物を、それよりも安い金額で購入することで財政負担を減らすこともできます。

「継続」なのか「改善」なのか



分科会としての結論は、「継続」ですが、その中に改善意見を入れていくと言うことになりました。

「改善」といっても予算規模を減らす話でもないので、本来ならば分科会としては「改善」になるのではないかと思うのですが、他の方々が「継続」を望む声もありましたので、「継続」となってしまいました。

タイトルは継続なのですが、中身の意見は改善という、僕からすると違和感のある内容になってしまいました。

準備委員会開催・オリンピック特別委員会

こんばんはお月様
鹿嶋市議会の佐藤信成です時計

1鹿嶋市ではオリンピック開催に備えて、特別委員会を設置することが決まっています。

オリンピック特別委員会 設置準備委員会



その準備のための準備委員会が開催されました。
特別委員会というのは、調査項目を定め、議員の任期中、会期にとらわれることなく、所管事務について調査をしていく委員会です。

調査項目として、
・宿泊者対策、宿泊先の確保
・渋滞対策
・会場となるカシマスタジアムの利便性の向上について
・公共交通の臨時便
・ボランティアスタッフの関わり方
・県や国との連携
などを対象としていくこととなると思います。



<会場となるカシマスタジアム>

最終的な委員会設置の議決は、閉会日である、26日になります。

委員長に河津議員・副に佐藤が内定



また本来は、正式に委員会が設置されてから正副委員長を決めるのですが、準備委員会の運営の都合上、申し合わせ事項として、準備委員会の委員長として、河津議員、副委員長として私が就任することが内定いたしました。

なお、河津議員は委員長に立候補した上で、満場一致で選任され、佐藤は委員長指名により選任されました。

仮称・オリンピック特別委員会は、各会派からの推薦議員8名で構成されています。

〜お知らせ〜
今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました!
聞きたい、知りたいテーマがあればコメント欄にてお知らせください。
掲載拒否の場合は、その旨ご記入いただければ掲載いたしません(^^)

LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ