鹿嶋市議会議員 さとう信成

鹿嶋市議会議員さとう信成の活動報告です。

2015年12月

はまぐり祭り

おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

昨日ははまぐり祭りが行われました。
天気にも恵まれ大盛況でした。

写真は、開会式の前段で盛り上げてくださった、平井中学校吹奏楽部の皆さんです。(画像処理しています)







昨日は、式典参加後、事務所にこもり会報誌を作っていました。

交通事故後、長時間椅子に座ると腰が痛くなるので、オートバイでの配布もできないため、休んでいました。(ヘルニアで右臀部に痺れが少し出ている状態です)

まだ、誤字脱字変換ミスをチェックしている段階です。


年内から配布を始めます。
国政のことはテレビやニュースで取り上げられていますが鹿嶋のことってあまり伝わらないですよね。

いま鹿嶋でどんなことが議論されているのかを中心に掲載しています

18歳の方にも選挙権が付与される来年夏の参議院選挙。若い方々にも、身近な政治に興味を持ってもらえればと思います。

軽減税率はやめたほうが良いのでは??

こんばんはお月様
鹿嶋市議会の佐藤信成です時計

軽減税率はやめたほうが良いのでは?




軽減税率が話題となっていますが、私は軽減税率にどれくらいの効果があるのか疑問を持っています。

食料品全般を現行の8%に据え置くとのことですが、その差は2%

1ヶ月の食費に占める割合が
1万5千円なら・・300円/月 3600円/年
2万円なら・・400円 4800円
3万円なら・・600円 7200円
となります。

これらが積み重なって、1兆円の税収減になると報道されています。

1ヶ月400円の食費の節約なら、工夫次第で家計の中に吸収できるのでは無いでしょうか。玉子も、今1パック200円くらいで販売していますが、特売日に買えば100円以下で買えます。また、野菜や肉もまとめ買いせず、必要な分を買う、または直ぐに冷凍保存するなど。

それは、もうやってるよ!という意見もあると思います。

それでも、僕は軽減税率をやめたほうがよいとおもいます。

もし軽減税率をやらなければ、1兆円税収が増えるので、その中の何割かを、経済的に厳しい世帯への減税分に当てたほうがよいとおもいます。

経済的に厳しい世帯への所得の再分配は必要なことです。
しかし、今回の軽減税率は、高所得者に対しても、減税措置がされます。

何だか最近は、お年寄りの方に3万円配るという政策も考えられているそうですが、お年寄りにというか、貧困世帯、特にお子さんのいらっしゃる貧困世帯と呼ばれている方々への支援を厚くするべきだと思います。

話は逸れましたが、「軽減税率」
経済的に厳しい世帯の方々にスポットを当てると、食費の値上げは困るという意見がありますが、1番恩恵を受けるのは、その方達ではなく、食費に多くのお金をかけられる世帯の方々です。

軽減税率ではなく、納めていただくものは納めていただき、その上で、増えた税収の中から、支援が必要な方への財源にしていけば良いのでは無いでしょうか。





議会改革進行中!

おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

議会改革推進特別委員会の進捗報告です。

9月議会以降に、各作業部会にて実質的な議論をしていただきまして、12月議会中に行われた、全体での特別委員会の中で、決したものをご報告いたします。



議案への賛否の公開



今まで鹿嶋市議会では、議案への賛否の公開はしていませんでした。しかし、市民の方にとって気になる議案… 例えば12月議会で出された安全保障法案改正に関する賛否結果については、気になると思います。
こういった賛否が分かれた議案については議員別に賛否を公開いたします。



委員会審議へのパソコンの持ち込み


今までもタプレット(iPadなど)の持ち込みを許可して来ましたが、ワード・エクセルなども使えるパソコン本体の持込も可としました。議員からすれば、即座に審議中の関連情報にアクセスすることも可能となり、より鋭い質疑も可能となります。



広報広聴委員会の設置


現在の広報委員会をバージョンアップさせ、広聴機能を強化していきます。
市民の皆さま、団体の皆さまからお話を伺い、それらを政策化していく、また請願として議会で扱っていく、その入り口となる機能を持たせる委員会を設置する方針を決しました。

議会改革推進特別委員が設置され、まだ数ヶ月ですが、着々と改革を進んでいることを実感しています。
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ