おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

9月議会が閉会となりました。

主なところでは、安保法案に関する意見書は継続審議、また所得税法(白色申告への優遇措置)に関する請願が否決となりました。

執行部提出議案に関しては、すべて可決となっています。

佐藤は、今回は一般質問に登壇致しませんでした。
一般質問をするには、指定された日に通告書を持参しなければならないのですが、その日にどうしても、持参することができず、今回は質問をすることができませんでした。

それとは別に、執行部提出の個人情報保護条例の改正に関して質疑を行っています。

内容としては、個人情報保護と議会の調査権が対抗要件となった時の扱いについてです。

個人情報、プライバシーは保護されなければいけませんが、その一方で、議会には市政に関する監視機能も有しています。今回の条例改正に関して、その線引きや、本人の許可なく個人情報を利用する場面の想定などについての質疑を行いました。

自治体は、民間企業や民間人と契約を結び、多額の市税が投入される場面が多々あります。
その相手が誰なのか、不適切な相手ではないか、なども議決にあたっては判断基準になる場合もあります。瑕疵ある議決とならないよう、細心の注意を払って調査をしたうえで、最終的な判断を下せるよう、2期目の議員として、取り組んでいきたいと思います。