こんばんはお月様
鹿嶋市議会の佐藤信成です時計

おかげさまで、毎日議会活動させていただいています。

今日は地方創生協議会が開催されました。
追加で出てきた政府のメニューに対する、市の提案を聞き、それに対する質疑を行うというものです。

こういった創造的なテーマの場合は、執行部に対する質疑をして自分の意見を述べるよりも、まずは議員同士で集まって、議員としての意見を出し合いm、議会として執行部に対して、集約した意見を提言していく方が、実効性が担保されるのではないかと感じました。

一人一人がそれぞれの意見を述べていれば(私もその1人ですが)執行部としても意見を集約しきれず、個別の意見に対して検討していきますという回答になりがちです。

これは、議会運営側の改善点ですね。

そういったことに対応していくために、現在、議会改革推進委員会では、議員間討議をしていこうという提案をしています。

昨日は、議会機能強化を担当する部会の会合が開かれました。この議員間討議についても、部会の中で満場一致ではなかったとの内容だったそうなので、今後は委員長として議員間で議論をして、みんなが納得したうえで、お互いの考えを理解したうえで、議会としての意見表明ができるようにしていきたいと考えています。

参加者同士が議論をする。
当たり前のようで、全国のほとんどの議会でできていない、議員間討議を進めていき、市民からの要望に応えられる議会にしていきたいとかんがえています。