おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ


昨日の記事の続きです。
来年は議会の役割をもっと果たしていきたい : 鹿嶋市議会議員 さとう信成



情報公開


機能強化の他に、情報公開もさらに進めていきたいと考えています。

鹿嶋市議会でも私が議員になってから情報公開が進んできています。

情報公開については都議会の例を見るとわかりやすいと思います。

東京五輪に向けて、施設を新築するうえでの情報が都民のみならず、全国民に情報が知れ渡り、その決定過程や、過度な装備を持った施設を見直すなどしただけで、約440億円の経費が削減される見込みとなりました。
ちなみに、五輪関連の施設の落札率は99%以上と言われており、そのほとんどが一社単独入札とも言われています。(先日のテレビ放送での都知事のインタビューにて)

鹿嶋市議会でも、ここ一年では、議案に対する議論が活性化されています。

何回もブログにも書いていますが、それまでの鹿嶋市議会では、議案の審査といえば、執行部に対する質疑だけでした。
議案に対して、修正するところはないのか?否決したほうが良いのではないのか?といった議論が、「委員会の中で議員間で議論する」ということがされていませんでした。
しかし、この議論の内容については、約3ヶ月後に議事録が完成し、市民の皆様にも周知しておりますが、実際に、議会事務局まで来て、閲覧申請をして、議員の議論の内容を見にくる人は、いません。

現在は、議案の賛否の公開、資料の公開、本会議の一般質問のみFMラジオ中継とネット中継及び議会ホームページで録音中継をしています。
今後は、議員間でどのような賛成意見・反対意見が出されて、結果的には可決・否決されたのかの経緯も、市民の皆様がインターネット等で、見たいときに見られる仕組みを作っていかなければならないと考えています。

お金をかけずにできる方法として、委員会の審議の録音データを、ホームページの公開や、音声データのみですがYouTube等で公開することも可能です。
また、3ヶ月後ですが、議事録をPDFで公開することも可能です。

ただ各議員の了承が必要になります。。


明日に、続きます
今年もがんばります(^^) : 鹿嶋市議会議員 さとう信成