おはようございます晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

昨日で12月本会議が閉会となりました。
議案は全て可決され、請願については1件が不採択となりました。
高齢者の医療費の無料化の継続などを求める内容でした。私は、ある一定程度の支払い能力に応じた負担は必要だと考えましたので、請願の趣旨には反対といたしました。

ただ、委員会から出された報告書の反対の理由が「国会与党内で審議中だから反対である」との文言でしたので、その内容を質疑しました。

僕は、国会が審議中だからこそ地方の声を届けるためにも、請願を受けて意見書の提出は必要だと考えています。そうしないと、例えば拉致被害者問題であったり、TPPについての審議中の段階であったり、その時その時の国で審議している広く国民生活(市民)に関わる問題について意見書等を提出できなくなってしまうと考えています。

結局反対するなら、委員会に質疑するなと言われそうですが、反対するにも自分の考えをキチンと述べていかないと思っています。
私たちの会派は、議会としての意思表示である意見書の提出を活用して、県や国に鹿嶋市議会の考え方を伝えてきました。茨城県に対する意見書では、知事が直接応対してくださり、鹿嶋市が抱えている問題について、協力していくとの言葉を頂いたこともありました。

それだけに、意見書の提出の扱いには、人一倍思いがありますので、このような形になりました。

関係者の皆様、わかりづらくてすみませんでした。

〜お知らせ〜
今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました!
聞きたい、知りたいテーマがあればコメント欄にてお知らせください。
掲載拒否の場合は、その旨ご記入いただければ掲載いたしません(^^)