こんばんはお月様
鹿嶋市議会の佐藤信成です時計

数日前のニュースですが、お隣の韓国の政界の方々の、理解しがたい発言が続いています。

10億返してしまえ


先日のブログでも触れています。
以下リンクです。
強制連行報道の誤報について、いまいちど認識を深めましょう : 鹿嶋市議会議員 さとう信成

元国連事務総長の潘基文さんや、野党の党首の方が、慰安婦像設置に対する対抗処理をした日本に対して、日韓合意を反故にするような発言が続いています。

国連事務総長を務めた方ですから、もう少しバランス感覚があるのかと思いましたが、少し残念です。

何が残念かと言いますと

・10億円を日本に変換したからといって、日韓基本合意が無くなるわけではありません。

・また慰安婦像の設置は日韓基本合意の以前に、ウィーン条約違反だから撤去しろと要請しているのです。

感情的になりやすい韓国国民感情に配慮というか、大衆迎合というか、政治家が世論に流されてしまっていると感じます。

実際には7割以上の方が、お金を受け取っています。つまり対象となる元慰安婦の方達は、日韓合意を受け入れているのです。

慰安婦問題が、国民感情を煽る政争の具に使われている気がしてなりません。

〜お知らせ〜
今日も、最後までお読み頂き、ありがとうございました!
聞きたい、知りたいテーマがあればコメント欄にてお知らせください。
掲載拒否の場合は、その旨ご記入いただければ掲載いたしません(^^)