こんにちは晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

最近、マスコミ報道で芸能界の話題が大きく取り上げられています。
有名な方は大変ですね。不倫すれば、全国的に大々的に報じられるし、SMAPさんも、独立(所属事務所替え(転職))の話が出るだけで、大騒ぎです。

もう少し、北朝鮮問題とか、国会の予算委員会のことなどを取り上げてくれればと思うのですが。。

予算委員会は、私も全て見ているわけではありませんが、議論のやりとりを見ていると、完全に安倍首相のペースで進んでいるように感じます。

小泉首相のときもそうでしたが、何をやりたいのか明確に示していると、日本人というのは、支持しがちになるのではないでしょうか。

安倍さんは、憲法改正を始め、保守論者です。
目指す方向性に賛否はありますが、国民皆、安倍さんのカラーというのは(薄っすらとでも)理解していると思います。


おおさか維新の会も、安倍自民党を擁護するような立場の発言をして、維新の党を責めつつ(公務員給与を上げることを痛烈に批判)、自分の党は地方主権への移行への立場を強烈にPRしていますし、憲法改正の立場を変えていませんよね。


公明党は、軽減税率を掲げて、弱者の味方の大衆政党をアピールしています。これも、結党以来の党の立場通りです。

共産党も、徹底的な野党として、ジワジワと支持率が上がっています。

では、岡田さん率いる民主党は、この国会で、どのような立場で、政権運営を追及していこうとしているのか、わかりづらいなぁという印象です。

安倍首相を追及しているはずが、逆に切り返される場面が、ことごとく反論されている光景ばかりが流れているような気がします。

今年の夏の参院選に向けて、民主党と維新の党はどのような方針を掲げていくのか、メインの公約になるのは何なのか?

ご存知の通り、今度の選挙から投票年齢が引き下げられます。

NHKの国会中継を見られる人ばかりじゃないので、ニュース報道も、もう少し国会審議の中身を取り上げて、普段から国民が議論の内容を理解できるような番組編成をしていただきたいと感じています。

では、鹿嶋市議会は説明責任を果たしているのか!
方向性は、示しているのか!

という言葉が飛んできそうです。
まさしく、ブーメランです(苦笑)

そんな声に応えるために、議会報告会開きます。

1月16日
10時~鹿島勤労文化会館
14時~大野ふれあいセンター
出入り自由です、

日頃の疑問、身近な鹿嶋の市政運営での疑問等、にも応えていけると思いますので、ぜひ議会報告会に足を運んでいただければ幸いです。

最後は、告知で終わってしまってスミマセン(^^;;