こんにちは晴れ
鹿嶋市議会議員の佐藤信成ですアップ

皆様にはご心配をおかけしております。
腰の状況は、寝たり、前かがみになると痛い状況です。
昨日も知人から、テレビで腰痛特集やってるよ!と連絡いただいたので、録画しておきました。

さて最近のニュースでは、東京の国立競技場の新築問題が報道されています。
私の周りでも、現行案に賛成の人がいないのですが、ネットのアンケートサイトなどを見ても、9割以上の方が、現行案に反対しているようですね。。
ちなみに私が回答したサイトでは約18500の回答数でした。

ネットの調査といえども、これほど偏った結果になるということは、大方の日本国民は今回の案に反対なのでしょう。

現段階でも建築費が2500億円以上になると言われています。最終的には3000億円を超えるとも。

調べてみると、過去5回のオリンピック競技場の新築費は平均で500億円くらいとのことです。
いかに新国立競技場の建築費が高いかわかります。

茨城県内では8月2日につくば市にて総合運動公園の建設の可否に関する住民投票も行われます。

住民の意思をどこまで議会が反映していけるのか。

鹿嶋市議会でも、今後はこういった議論が不可欠となるでしょう。

現在の議会・委員会での議論は、執行部に対して行うもので、議員同士で議論を尽くすというイメージとは離れています。

今後は、今までの慣習だけでなく、議員が議論できる(専門用語で議員間討議)会議形態に改革していかなければならないと感じています。