おはようございます
鹿嶋市議会議員の佐藤信成です


市民活躍予算枠(仮称)とは、市民の皆さんからお預かりした税金を、有効に使っていただくために、市民税の最大3%(約1億円)を「市民活躍予算枠」として、使いみちを市民の皆さんと協議・検討し、小学校区単位の課題解決や、地域の「まちづくりへの想い」をかなえるための予算枠です



鹿嶋市内にも公の活動をしている団体や人々が大勢います。

まちづくり委員会や、NPO法人の方々、子供会やPTA、高齢者の団体の方々、いろいろあります。みなさん、熱意があるからこそ、このような活動をしていただいているわけですが、活動費が十分でない、予算が減らされて活動を縮小しなければいけない、といった課題があります。

 

①準公的な活動をしてくださっている団体の活動費を「市民活躍予算」として割り当てていき、本来の活動をより推進し、鹿嶋市を活性化させていくことを目的とします。

②また、それらの団体の本来の活動以外にも、行政が発注している仕事の一部を有償ボランティアとして仕事をしてもらい、その対価(お金)を皆さんの団体の活動費に充てていく。
 

②ついて簡単に説明します。

たとえば、子供たちの通学の見守り活動をしている団体の方々がいるとします。①の場合ですと、なかなか活動費を増額していくことは難しいかもしれません。しかし、その通学路の壁に落書きがされているなど、行政が業者に頼んで対応してもらう仕事を、その団体の方々に有償ボランティアで対応してもらいます。

 

本来業者さんに支払うお金は10万円でしたが、有償ボランティアの団体に5万円を支払い、壁の落書きを消してもらいます。

そうすることで、活動費がなくて困っている団体の方々は活動費を得られますし、市の支出も減らすことができます。
(事例や金額は、仮定の話です)

壁の落書きだけでなく、道路の草刈りなど、行政に寄せられる市民要望の対応の一部を、市民活躍予算枠として団体の方々に割り当てていき、まちづくりへの参画意識を持っている方々に、より協力していただける、市民協働のまちづくりを目指していくことを目的としています。

市民ができることは市民が、業者にしかできないことは業者さんに、行政にしかできないことは、私たちが行っていく。鹿嶋市民のみなさまの持っている力は、まだまだ、こんなものじゃないと思っています。みんなで次の鹿嶋市を創っていきましょう!